バーバラの午睡

主婦の気晴らしお楽しみ。例えばメイドカフェとか。チョコミントとか。

メイドカフェ探訪記_初めてのハニーハニー編_3

続き。
 
オーダーを待つ間、メイドちゃんは「今日学校お休みなんですか?」と話し掛けてくれる。
私が「今日娘は午前授業でお昼無しで帰ってくるから、私がどうしてもここに来たくて、お昼食べに連れてきました♪」と言うと、メイドちゃんは「有り難うございます!」と笑顔。
メイドちゃんによると親子連れというのは余り無いそうで、しかも「母親が来たがった」と言うのがまた珍しいらしく面白がってくれていた。
 
この時に限らず、メイドちゃんは折に触れこちらに話し掛けに来てくれる。無理している感じがなくて、自然に会話をしているような力の抜けた雰囲気がとっても心地良い。
 
そして運ばれてくるオムライス。娘のオーダーに応えて、メイドちゃんが見事な筆さばき?ケチャップさばき?で絵を描いてくれる。
その様子は「萌え萌え〜」と言うよりは、なにか職人のような真剣さがあって、こちらも息を詰めて見守ってしまった。
描き終えた後のメイドちゃんの笑顔が「一仕事終えたわ」という達成感があってステキ。
 
そして私のワッフルもやって来た。・・・かなり本格的な、オシャレな盛り付け。バニラアイスにハチミツとナッツのトッピング(選べる)。ナイフで切り分け、口に運ぶ。・・・なにこれうまーーーい!
簡易的な飲食店にありがちな、レンジでチンして出しました、みたいな物とは全然違う。きちんと生地から焼いているのが分かる。外がさっくり、中がしっとりした、とっても好みの食感。そしてハチミツとナッツがものすごく合ってる。食欲はないと言っていたはずだが、あまりにもおいしくてあっという間に食べきった。
 
これすごい。メイドカフェのイメージと全然違う。普通に「あのお店のワッフルおいしいよね」と言われるカフェというレベル。
メイドカフェの食事はせいぜいファミレスレベルだよと揶揄するwebの書き込みを見た事があるが、このワッフルはファミレスでもロイヤルホストくらいのレベルと思う。娘のオムライスも「すごくおいしかった」らしい。食事が美味しいというのは本当に有り難い。
 
さて、食事も終わり、いよいよ着替えタイムに入るのだ。
 
まだ終わりません。