バーバラの午睡

主婦の気晴らしお楽しみ。例えばメイドカフェとか。チョコミントとか。

メイドカフェ探訪記_Queeens Court編

他の急ぎ記事(笑)に押されてた、前に書いていた記事をアップします。7月の記事・・・そして今はもう8月・・

【2019年7月】
最近普段の生活のスケジュールが変わって、なかなかアキバに行ける時間がない(泣)
行けるタイミングで行くお店が、ついつい決まった気心知れた所ばかりになっている昨今。
いやいやこんな私じゃ駄目だ。もっと攻めていかねば!

という訳で仕事休みの平日。前から気になってたお店に行く事にしました。
そのお店はQueens Court。余り私が行ったことのない、タイムチャージでドリンク飲み放題システムのお店。
ちなみにこちらにしようと思ったのは「制服が他にないタイプで可愛い」事、そしてなにより重要なのが「平日昼間からやっている」事。
(そう、平日の昼間からやってるお店って結構少ないんだよね・・・土日だとお昼頃からやっていても、平日だと多くのお店が17時からだったりして。)

そして来ました秋葉原お店の場所はGoogleマップで確認済み。
あんまり同世代の女性がいないアキバの裏通り(同世代の男性は一杯いる)を進む。
看板を見つけたんだけど、最初間違えて隣のビルのエレベーターに乗りそうになり「あれ・・・違うわ」となりました。
隣のビルもメイドカフェが入っておりました。こっちの方来たことなかったので、こんなにメイドカフェが多いエリアだと知らなかったよ・・・

それにしても、いつも言う事だけど、メイドカフェ・コンセプトカフェってどこもかしこも絶対入り口はちょっと薄暗くてアウェイ感しかないんだよね・・・私もあっちこっち行ってる方だけど、初めてのお店は毎回不安だよ・・・。
(なんなら何度も行ってるお店も少し不安だったりする、同じビルに謎店舗が入ってたりすると)

そして改めて正しいエレベーターにたどり着き、4Fへ。
ガラス張りのドアを開けると、カウンター席の店内にメイドさん達が!
「こんにちは、初めてで一人なんですけど」と伝えると「こちらへどうぞ〜!」とにこやかに席に案内される。

ちなみにこの時は数名の先客がいらして、うちお一人はお嬢様。
その後お嬢様お二人連れがいらして、あと私もいたので、お嬢様比率が高い。
個人的にお嬢様が沢山来るお店は間違いないと思ってるので嬉しい。
(あ、しれっとお嬢様って自分の事も言っちゃってるけど。メイドカフェ用語ですからね。ご勘弁)

さて話は戻って。
メイドのぴかりちゃんが最初に対応してくれて、その後「すみません、シレネちゃんに交代しますね」と仰って、その後はシレネちゃんが対応してくださいました。

お店のシステムとか、メニューとかを流れるように説明してくださるシレネちゃん。
更に設定=世界観が濃く、更にメイドさんの設定も大分濃い!そして飲食のメニューも豊富・・・ってことで、説明だけで10分以上掛かったよ。
でも可愛い子ちゃんが私の大好きな接客応対をしてくれているので、これはまさにご褒美タイム。(私は本当に、こういう風にメイドさんが設定とかルールとかを説明してくれるのが大好きなんだ・・・)

ランチタイムの初回限定のセットというのがあって、これが「ドリンク60分飲み放題+チェキ+中庭の鍵(=会員証)」で1800円(お嬢様=女性価格)と有り難い設定。
なので迷わずこれにしました。チェキじゃなくて、フードも選べたけどね、そりゃやっぱり大好物のチェキだよね。

さてドリンクをオーダーする訳ですが、またドリンクの名前がね・・・独特でね・・・。
でもってそれを言わないとダメみたいよwwこういうの大好きだよww
えーっと名前は忘れましたが白ブドウジュースをオーダーしました。
でもってそれが出て来たらシレネちゃん、「これは天界の飲み物なので、人間には強すぎるのです。飲めるようにするには呪文を唱えないといけないのです」と仰る。わーいそういうの大好きなので!やりますとも!
教えてもらったおまじないを、せーの!の合図でやりきりました。ちょっと噛んだけどね(笑)

さて安全になった飲み物を、安心して美味しく頂きます。
喉が渇いていたのでひときわおいしゅうございます。
説明は飲みながらまだ続く。これをちゃんと覚えてるってのすごい(感心)。

説明が終わった後、次々にお話しに来てくれるメイドちゃん達。
素晴らしい!初回なのに全然放置されないよ!嬉しい!
あっという間に1杯目を飲み終えて、次はアイスティー(もまた独特の名前で言わないといけないんだけども)をオーダー。
飲み物を頂きながらメイドちゃん達とお喋りするんだけど、メイドちゃん達が本当に皆良い子で。
私は皆のお母さん世代だと思うんだけど、臆せず話をしてくれて、こちらも気構えずに自然に話が出来てとても楽しい。

この日のメイドちゃんは、もなちゃん、ぴかりちゃん、シレネちゃん、のいちゃん。
皆楽しそうな雰囲気でお給仕していて微笑ましい。
カウンターの中でメイドちゃん同士も言葉を交わしてるんだけど、それがお客様置いてきぼりじゃなくて、その場にいる人を自然に巻き込む会話の流れになっているのがすごく良いなぁと。(お店によっては、メイドちゃん同士がお喋りしちゃって客席置いてきぼり!って事もあるのでね・・・)

そして、チェキは誰と撮りますか?って聞かれたんだけど・・・うーーーーん迷う・・
普段なら一番お話ししてくれた子とかにするんだけど、皆お話ししてくれてるからね〜〜〜(嬉しい悩み)
なので、最初に一生懸命説明してくれたシレネちゃんにお願いする事に。
一緒に撮ったチェキに、目の前でシレネちゃんが絵を描いてくれたよ・・・可愛い・・・嬉しい・・・。

そんなこんなであっという間に1時間経過・・・。
お会計を済ませて、皆が「いってらっしゃいませ!」と言ってくれるのに手を振って、シレネちゃんがお見送りしてくださる。
笑顔で見送ってくれるシレネちゃんに「またねー!」と言って、エレベータの扉は閉じる・・・
あー楽しかったなぁ。入る時の不安はどこへやら、楽しさを抱えてアキバの道に戻っていくのでした。

 

f:id:optimistbarbara:20190817003757j:plain
メンバーズカードが厚みがあってなんかかっこいい。

【今日の総括】
カウンターのお店なので、常連さん向きで私のような者はアウェイかと思ってたら、ものすごく馴染みやすい感じのお店でびっくりしましたことよ。

メイドカフェ本を求めて、初めてのコミケ。〜その5・終章〜

【2019年8月】
やっと終わりが見えてきました。

さて。一気にこれだけ沢山のメイドカフェ本が手に入って、嬉しさしかない!!
とりあえず目的は達成したので、他には一体どんな本が売られているのか?というのを見て回る。
どうやら同じようなジャンルが固まっているらしい、というのは何となく分かった。
なので、私にも親しめそうな、実用書的な分野が固まっている場所を歩く。

・・・いやいやいやすごいのねコミケって。
「鉄道」「競馬」なんかはマニアがいそうな分野として全然分かるんだけど、「調味料」とか「料理レシピ」とか「お酒」とか「スイーツ」とか「飲み屋」とか「法律」とか「数学」とか「ラーメン」とか「文房具」とか・・・色々にも色々すぎる・・・。
ちょいちょい立ち止まっては見せていただくんだけど、それぞれがそれぞれに掘り下げ方がエグい・・・(褒めている)。
小宇宙が固まって銀河になったような空間に圧倒されまくる。
そうこうしているうちに、終了時間が近づく。熱量に当てられて、フラフラと表に。

建物の外に出たら、コスプレしたお姉さん達と、それを撮る為に列を作る人達が一杯いる!
あああこれネットで見たことあるー!とテンションが上がり、もうちょっとちゃんと見たいと思いつつも、予定の時間も迫っていたので帰路に就く事に。

帰りの都営バスに乗り込みやっと一息。あー面白かったなぁ・・・。
それにしても、私が見たのはあの会場内のごくごく一部で、その何倍ものスペースで同人誌が売られて、更にそれが4日間入れ替わりで続くという、もう私のような門外漢からしたら天文学的としか思えない規模。
それでも、それだけの規模があるからこそ、どこかに引っかかる分野があり、色々な人が楽しめるのだな〜と思った事だったよ・・・。
という訳で、生まれて初めてコミケに行った話はこれで終わり。
時間にするとほんの1時間ちょっとしか滞在しなかったけど、面白かったな・・・。

 

f:id:optimistbarbara:20190816004923j:plain
良い夢見たぜ、あばよ!


【今日の総括】
何事も経験しないと分からないという事を改めて実感。そして今回は良い経験だった・・・。

メイドカフェ本を求めて、初めてのコミケ。〜その4・歓喜〜

【2019年8月】
そしてまた続き。

更に先に進むと、あったよーー!秋葉原コンセプトカフェデータブック」が!!!
この本を作ってらっしゃる"まっきー"さんからは、前回の版の秋葉原のデータブックと、更に首都圏版のデータブックを購入させて頂いたことがある。
やっと今回購入出来るのが嬉しくて「今日これを買いにきました!」と、まっきーさんに意気揚々と話し掛ける(ゴメンね)。
そしたら「あ、今日はお子さんは一緒じゃないんですか?」って覚えててくれて嬉しい!

しかも「バーバラさんですよね、ブログの」っっっっっっって!
やーもー!まさか名前出されると思ってなくて心の準備がーーー!
なので「わわわなんで知ってるのやーはーもー!」みたいにものすごく挙動不審なおばちゃんになってしまってごめんなさい。
でも嬉しかったですわ!こんな権威の方に私のブログ読んでいただけたとは!

でもってやっぱり今回もこの本ものすごいっす・・・
秋葉原のほぼ全店網羅しているのでは?という圧倒的なデータ量。
コンセプトや住所などの基本情報は勿論、アルコールを飲んだ時とソフトドリンクを飲んだ時両方の料金の目安とか、チェキの有無と料金とか、更にお店のTwitterアカウントとサイトのURLまで網羅していて、正に「データブック」
嬉しいのはお嬢様特典についても書かれている事!ものすごく有り難い!!
更に巻頭に「平日日中からやっているメイドカフェ」の一覧があって、これまた夜よりも昼に活動する私にとっては、伏し拝みたい位嬉しいデータ。
そして巻末には、私がメイドカフェに通うきっかけにもなった、女子メイドカフェ愛好者の先達・肘ちゃんが寄稿されてるし!
なんというお宝な一冊なのでしょうか・・・一家に一冊という位の本だと思ったよ!
あ、「データブック」は2冊買いました。1冊は自分用。
もう1冊は、Monster Partyへのお土産。オーナーのもなかちゃんと、常連のコンカフェ好きなお客さんに見て欲しいのだよ!

その後、隣の卓の方もメイドカフェ本の方。こちらは可愛らしいお嬢様お二人。
メイドカフェ関連でお嬢様・・・と聞けばもう無条件に吸い寄せられてしまう私。
手に取って見せていただいた1冊「メイド喫茶メモワール」、これがメイドカフェでの誕生日のレポート!
わーわーこれいいなぁ。私も数件はあるけど、行った事ない所の誕生日特典、超見たーーい!
売り手の方が「肘ちゃんのレポートも載ってます!」と仰る。「あっこないだお会いしました!」と思わず反応。
しかもこの方「バーバラさんですよね?ツイッターフォローしてます、ブログも読みました!」って言ってくださったのーーー!
思いがけないことで混乱!!わああ嬉しい!だけど混乱!
私、「あわわわわもーほんとにーきゃーどうしよー」って。
隣の晩ごはんでヨネスケに上がり込まれたおばあちゃんみたいになってるwww
そして、変なスイッチが入り、メイドカフェ女子いいよね!楽しいよね!って語りまくる。ほんとごめんなさい・・・嬉しくてついね・・・。

そして、この本も肘ちゃんのインタビュー記事が出てる!
メイドカフェメイドさんについて、結構踏み込んだ内容で読み応え有。先輩さすがっす!!!

長いけどまだ終わらない。

 

f:id:optimistbarbara:20190816012828j:plain
一家に一冊。

メイドカフェ本を求めて、初めてのコミケ。〜その3・高揚〜

【2019年8月】
コミケ、会場内からの続き。

事前に目的のブースの場所はチェックしておいたので、所々に掲げられた「き」とか「お」とかの看板を目印にうろうろ探すことしばらく。
メイドカフェ本を売っているお店を発見!!!
あっっこれは・・・私が目を付けていた「かわいい制服倶楽部」という冊子!!!()
これが、Twitterで目にしたんだけども・・・表紙にMonsterPartyのオーナー、もなかちゃんのイラストがあるー!
なので買いたいと思ってたんだけど・・・残念ながら売り切れ。悲しい。

どうもコミケというのは同じようなジャンルだとブースも近くに設定されているようで、その辺りはメイドカフェ関連本の多いエリア!!!!
わーい!ってことであたりを見て歩く。

そしたらすぐそばで「メイド喫茶でランデブー」という冊子が展示されている。
吸い寄せられるように(笑)その本を見せていただく事に。
今迄に出された冊子を一冊にまとめた総集編を販売されているそうで、手に取ってみると・・・情報量が半端ないよーー!
制服のイラストと、お店の解説の長文。メイドカフェに傾ける情熱がすごい!
メイド喫茶行かれるんですか?」と聞かれて「ええ・・・割と」とお返事する。
そう、私なんかまだまだ駆け出しも駆け出しです。
その総集編を一冊頂くことに。厚みがあって読み応えがありそう!楽しみだわ。

と思ってたら更にそのすぐ側で、「わりとメイドカフェ図鑑」という本が。
おおこれも事前に情報をチェックしてたわ。と思って拝見する。
ぱらぱらとめくっただけで分かるそのボリューム!すごーーいな!
即購入。
家に帰ってから見てみたら、この本・・・本当にすごかった。
メイドカフェ1件ずつ、制服のイラストと、フードやドリンク、そしてコンセプトや予算などの知りたかった情報がものすごく細かく書かれてるよ!
実際に行ってメイドさんに話を聞いて書かれたんだなあ・・・というのが一目で分かるよ!
これはねぇ役に立つよすごく!
でもって、何が嬉しいって、この本に私の愛して止まぬMonsterPartyが掲載されてたの!嬉しい〜〜!
帰宅後、Twitterに上げるべくテーブルで写真を撮ってたら、娘っこがこの本を手に取り「え、何これ!すごーい!あ、ハニハニだー!モンパも出てる!絶対領域もあるー!」と歓声を上げながらずっと見てましたわ(笑)

まだ続きます。


f:id:optimistbarbara:20190816012240j:plain
気付くと読みふけってしまう。

メイドカフェ本を求めて、初めてのコミケ。〜その2・行動〜

【2019年8月】
さて。コミケの話の続き。

今回の目的は、先に言った「データブック」と、あとTwitterで調べたら他にもメイドカフェを扱った同人誌が複数あるようなので、それを買う事。
私はゲームもやらないし、マンガも読まないし、アニメも見ないし、絵も描かないので、恐らくコミケというイベントで展開される大多数の同人誌には接点がない。
なので、とりあえずメイドカフェ本を買うことにのみ目標を定める事にする。
当日にはそもそも夕方から予定が入っていたし、午前中も用があったので、行っても午後ちょこっとだな・・・と思っていた。


Webで検索した所によると、今回は入場にリストバンド型の入場券が必要である事、但し入場する列が解消されて、待たずに入場出来るようになったら、リストバンド無しでも入場が可能らしい。
そして、公式サイトによれば、入場の列が解消されるのは概ね12時頃が目安である様子。
じゃあもう昼過ぎに行って早々に帰ってこよう、と思い定める。
でもって当日朝。Twitterをチェックすると・・・
「入場待機列が長くなりすぎてバタバタ倒れる人々、響き渡る救急車のサイレン」
「ずっと動かない列、どうなってるんだこれは」
・・・という悲痛な内容のツイートがずらずらと。
うわーーこれは・・・どうなの・・・大丈夫なのか・・・と怯える。
おっかないので(笑)行く予定を少し遅らせることにする。


そしていざビッグサイトへ。
私の最寄りからだと交通手段は電車からの都営バス。
そこそこ混んでいるバスに乗り、揺られて着いたビックサイトのバス停近く、車窓から飛び込んできた景色は・・・
人人人人人、そしてまた人。
中には金やピンクや赤の髪のコスプレ姿の人もあちこちにいる。
ええええ何だこの人混みは!!!朝一のディズニーランドエントランスかハロウィンの渋谷かみたいな!!
動揺しているうちにバス停に到着。多くの人達が降りる。
どこに行って良いか分からないので、とりあえず彼らに着いていくことにする。
いやーそれにしても。すごいわあああこの人の数。
デザフェスなどでビッグサイトに来た事はあるけど、ここまで人が多いのは見た事がない!


館内に向かう人の流れに着いてくと、建物の中に入る。
中に入ったら更に人の!量が!すごい!
この時点で終了時間16時の1時間程前。皆さん手に手に大きな紙袋を抱えている。
何しろ時間が限られているので、メイド本を買いに行かねば。と、ロビーから様々なブースの並ぶ展示場内に入る。
そこがまたすごい・・・延々と並ぶ長机。そして気が遠くなる程の数の、同人誌を販売する人達・・・。
これがコミケか・・・コミケなのか・・・すげーわ・・・。


驚きの最中、更に続く。

 

f:id:optimistbarbara:20190815221708j:plain
人のいないスペースがね、ないんだよ。

メイドカフェ本を求めて、初めてのコミケ。〜その1・逡巡〜

【2019年8月】
コンセプト系カフェが乱立して、様々なお店がオープンしてはクローズする街、アキバ。
色々なお店がある中、最近の傾向として「お店の詳細をWebで掲示しない」お店が多いように思う。
お店のサイトにチャージやメニューの記載がなかったり、あるいはお店のサイト自体がなくて、Twitterアカウントのみだったりする。
なので、例えばチラシ配ってるメイドちゃんがいて興味を持ったお店とか、Twitterで目にする、制服が可愛かったりコンセプトが面白かったりするようなお店でも、そこは果たして誰でもウェルカムメイドカフェなのか、常連さん以外立ち入りご遠慮願いますなゴリゴリのガールズバーなのか、さっぱりわからない昨今

そんな中、私がおととし買ってとっても重宝したのが秋葉原コンセプトカフェデータブック」
秋葉原の全ての店が揃っているのでは?という位の勢いで、秋葉原メイドカフェ/コンセプトカフェの情報が掲載されている。
特にシステムや価格についての記載が本当に有り難くて、行く・行かないの目安になりとっても助かる本。
でも何しろ冒頭に言った通り、アキバはコンカフェのオープンとクローズが激しすぎて、2年前の本ではフォローされていない情報が色々あって、「あー新しいのが欲しいな」と思ってたら、新刊が出るという朗報が!

でも・・・それが販売される会場、それはコミックマーケット
あの、日本で一番の同人誌の祭典。
数十年生きてきて、私が全く以て縁の無かった世界。
この年の主婦が初めて行くには、心理的なハードルの高すぎる場所。

いやいやいやそこまで行くか私?
確かに本は欲しいけどもさ。
でもコミケだよ?
あの全国からオタクと呼ばれる人達が1点目指して集結する場所だよ?
私なんぞが行って大丈夫なの?
でも本は欲しいんだよ?あーーどうしよう??

・・・っていう風になった時、私の行動指針は「面白そうだったら行く」って事なので。
じゃあやっぱり行くんだよね。
というわけで。「生まれて初めてのコミケ訪問」と相成りました。
ちなみに行くと決めたのは前日。
長くなるのでこの項続きます。

 

f:id:optimistbarbara:20190816005403j:plain
待ってろよコミケ

メイド&コンカフェ探訪記_「メイド喫茶リターン」編

【2019年8月】
久しぶりのブログ更新。本当は他に色々書きためていた文章はあるんですけど、これは訳あって急ぎ出したかったので他の記事より先にアップします。

私が、"ホスピタリティクラスタ"を経てメイドカフェめぐりを趣味とするようになった事は以前ブログに書いた
しかし!メイドカフェ行こうっつても、余りにも情報が少なすぎて困っていたそんな時。バイブルのように読みあさったのが、肘さんという方が書かれているブログ「肘日記」
この中の「コンセプトカフェに女一人で行ってみた」というカテゴリの記事。これが、とても具体的で、女子一人でお店に行った時の雰囲気がよく分かる素晴らしい内容。
私は何度も読み返してはメイドカフェに思いを馳せ、そして実際に足を運んだのであった(そしてコンカフェ好き主婦という現在に至る)。
なので肘さんは私のメイドカフェ通いの道を先導してくださった、言わばお師匠様という存在。

そんなお師匠様が!イベントカフェで、なんとメイドさんをやるっていうじゃないのさ!
このイベントは、まいきーさんという方が企画した、元メイドちゃんやモデルさんなど、様々な経歴の方が集まる期間限定のカフェだそうで、それに元メイドというキャリアを持つ肘さんが参加されるんですってよ!
それは会いに行きたいよね!
Twitterでは交流していただいているのですが、やっぱりリアルでお目に掛かってみたいよね!

って事で。猛暑の8月某日、向かうは秋葉原
いつも通り岩本町から歩くんだけど、何しろ暑い・・・日傘を差してゆくアキバの道程。日差しは熱を帯びて風は熱風。ううう。暑い。

そしてやや迷いつつたどり着いた会場、「カフェトリオンプ」。
童話のような可愛らしいカフェのドアを開けると「お帰りなさいませ!」と賑やかな声掛けが。これだけでもう気分が上がりますわ。

お店の中は満席に近かったんだけども、空いていたカウンターの1席に案内される。その案内してくれたメイドちゃんこそ、お師匠様・肘さん!
わーーかわいいーーー!めっちゃ可愛いーー!そして、the・メイドさんって感じーーー!
内心盛り上がりつつ、席に案内してもらう。
肘ちゃんは(何しろ可愛いお嬢さんなので!さんというよりはちゃんだよ!ってことで、いきなりですがここからは”ちゃん”呼びで失礼しますことよ)にこやかにメニューを持ってきてくれて、システム説明をしてくれる。
はやる気持ちを抑えて、「わーこんにちは!バーバラですうう!」とテンション高めに自己紹介。
誰か分かってくれて「わーやっと会えたー!」とテンション高めに同調してくれる肘ちゃん。優しいな!

この日は、1時間1000円のチャージに1ドリンクが込みというシステム。ドリンクはカルピスをお願い。
他にメイドちゃんによって色々なお楽しみメニューがあるんだけども、肘ちゃんのメニューの目玉は「シェアパピコ+チェキ」という斬新なもの。
2本入りのパピコを1本ずつ肘ちゃんと分け合える!更にその様子を一緒にチェキも撮れちゃうよ!ってすごくない?
「メイドちゃんと何かを分け合う」って体験は聞いた事がないし、気分が高まることこの上ない。
さすがお師匠様!目の付け所が素晴らしすぎる!
ってことでシェアパピコもオーダー。うふふ楽しみ!

カルピス飲んで待つ事しばし、肘ちゃんにチェキの順番を呼ばれます。
パピコは、一緒に食べている所か、分けて渡している所どちらが良いか聞かれて、だったら渡されている所を!とお願い。 肘ちゃんが可愛らしく手渡したパピコを嬉しげに受け取る所をチェキに収めてもらう。嬉しいーー!

そして、パピコを持って席に戻るんだけども・・・パピコ、開け方が分からない(泣)。
そういやパピコなんてここ数年来、いやもっとだよ、食べてなかったなぁ。
そう、考えてみたら買った覚えはあるけども、子供達が分け合って食べてて、私の口には入ってなかったのだったよ・・・。
しばらくいじくり回して結局分からず、隣に座っていたお兄さんに開けてもらう(ありがとう!)。
これをきっかけで色々話したりする。この心優しいお兄さんは、アイドル繋がりで肘ちゃんと知り合った、「肘ちゃん推し」の方だそう。
本当にこの界隈、色々な趣味の人とお話し出来る機会があるなぁ。面白ーい!

その後肘ちゃんがチェキにお絵かきしてくださったよ!女子力高い可愛さ!
今迄チェキを何枚も(チェキ帳が埋まるくらいには)撮って来た私ですが、何かを手渡しているというポーズは初めてだった!あぁ嬉しい〜!
早速隣のお兄さんにも見せびらかす(笑)

そういえば、チェキにお絵かきしてもらいつつ、「結構色々なお店行かれてるけども、女子があんまりいないお店っていっぱいあるでしょ?アウェイ感ない?」と聞いたら「ああ〜慣れましたねぇ」と肘ちゃんの爽やかなご返答。さすがです。

さて、お話ししたのは肘ちゃんだけではなく、他のメイドちゃんも席に沢山お話しに来てくれて嬉しい!
カマキリちゃんというなかなか攻めたお名前の、笑顔が可愛らしいメイドちゃん。ニコニコしながら沢山構ってくれた、お話し上手・もてなし上手の美人さんなまりあちゃん。「お話ししてなかったですよね!」と席まで話しに来てくれた、優しくてキュートなグラタンちゃん。お会計の時に少しお話し出来たうさみちゃん。皆可愛らしくて、そして楽しく過ごしてもらおうという気持ちが感じられて素敵なお店になっておりましたことよ・・・。
期間限定なんて勿体ないなぁと思った次第。

あっという間に時間は過ぎて、名残惜しいけどお会計。そしてお店を出る時、メイドちゃん達がにこやかに見送ってくれて嬉しい・・・。
肘ちゃんは「余りお話し出来なくて済みません」とか謝ったりしてくれて、そんな事ないから!おもてなしの心充分感じたから!と思いつつ、灼熱のアキバに戻っていくのでした。

 

f:id:optimistbarbara:20190806010242j:plain

灼熱の街から来た身に甘く冷たいカルピスは救いでしたわ。
 
【今日の総括】
肘ちゃんに会えたのは本当に嬉しかったなー!そして他のメイドちゃん達も良い子ばかり、更には隣に座ったお兄さんも良い人!と、思ってたのの何倍も充実したメイドカフェタイムでございました。
尚、この記事のアップを急いだのは、お師匠様がお給仕当日の夜にはもうレポート記事を上げていらしたからです。さすがです。
そのレポートによれば、肘ちゃんは自分の勤務時間の直後、同じお店に早速「ご帰宅」したそうで、もうさすがとしか!これぞメイドカフェ道の求道者・・・!着いていきます姐さん!