バーバラの午睡

主婦の気晴らしお楽しみ。例えばメイドカフェとか。チョコミントとか。

メイドカフェ探訪記_池袋「アカシウス寄宿舎学園」は女子に優しい癒やしの学び舎でした

【2020年9月】
最近度々池袋に来る予定が入る今日この頃。
という訳で、ブクロに来たからにはやっぱりカフェに!行くべきだよね!
でもどこに?
ってなった時、以前からちょっと気になってたお店、それがアカシウス寄宿舎学園
学校コンセプトのお店らしい。

当日、サンシャイン通りから少し入った所にある現地へ。
通りに看板が出ていないので、一瞬「?」と思ったけど、Googleマップが示すビルで、外階段の先に大きい看板があるのが見えたので、「おおここか」と階段を上る。

茶店か美容室かという、平和な(笑)入り口。
コンカフェ独特の怪しさ殺風景さがまるでなくて、入る時にプレッシャーがさほどない。
(いやまぁ、実際の所、あのプレッシャーもなかなかクセになるんだけどね・・・)

  f:id:optimistbarbara:20200919000830j:plain
 この看板が目印。階段の上を見上げるとこれが。


ドアを開けると、すぐに明るい声で出迎えが。
「初めてで一人なんです」と告げたら、最初にシステムの案内をされる。親切だな!
こちらは、1時間飲み放題システムのお店。
1時間の料金が、男性が2000円、女性が1200円という、女子に非常に優しい料金設定。ありがとう!
(料金設定は2020年9月現在。ちなみにアルコールは1杯ごとの別料金。)

そして、テーブル席かカウンターかを聞かれて、どちらが良いか聞いたら「じゃあテーブル席へどうぞ」と案内される。
そして席に着くと、ドリンクを聞かれる。メニューの字が小さくてやや読みづらい(老眼悲しい)

ドリンクも独特な名前がそれぞれに付いていて面白い。
「ピンクスプラッシュ、ってなに?」と聞いたら、ピンクグレープフルーツソーダとのことなので、それをオーダー。
更に、デザートも食べてみたいな!ってことで、なんだかおいしそうだった「ソフトクリームチーズというのを頼んでみる。

しばらくすると、ドリンクが運ばれてくる。
ピンクグレープフルーツソーダって、あんまりコンカフェ飲み放題では聞かないメニューだけど、グレフルと炭酸の爽やかさですごく好き。
ちなみにお代わりをした2杯目はホットのフレーバーティ。
飲み放題にしては、一ひねりしたドリンクメニューがあるのが非常に好もしい。

その後、ソフトクリームチーズも運ばれて来たんだけど、これがおいしいの!
グラスにソフトクリームのように絞られたチーズケーキなんだけど、上に掛かったソース(ストロベリー、マンゴー、ブルーベリーから選べる。私はストロベリーを選択)と相まって、甘さと酸味のバランスが丁度良くて、さっぱり過ぎずしつこすぎず、非常に丁度良い塩梅。
柔らかすぎず、ちょっと固さのある感じも好み。いやこれほんとにいい!好き!
(ちなみに、後でテーブルに来てくれた子がみんな「これおいしいですよね、好きなんです」と言ってたよ、そうでしょうそうでしょう。)

 f:id:optimistbarbara:20200919001118j:plain
 ピンクスプラッシュ+ソフトクリームチーズ。ほんとおいしい。また食べたい。

ということでフードもドリンクも美味しく頂いて寛ぐ。
ちなみにここは「学園のカフェテリア」で、いるのは「学園の生徒」なんだそうです。
私達はそのカフェに立ち寄った人、という位置付け。

でね、世界観が濃いのよーー!
説明もしてもらったんだけど、とてもとてもすぐ理解出来るようなボリュームじゃない。世界史の教科書か!って感じ。
それくらい、ぎっっっちり詰めたバックグラウンドストーリー。正にファンタジーの世界。

 f:id:optimistbarbara:20200919001804j:plain
 このアルバムに歴史の数々が。世界史が赤点だった事を思い出す。

そんな訳で、ここにいらっしゃるのはメイドちゃん、じゃなく、生徒さんなのね。学園だから。
そんな生徒の皆さん、小まめにテーブルに来て、話し掛けてくれるのよね(嬉)。

各メンバーは「学年」が決まっていて(しかもそれは年功序列的な事ではなく、本人の実力ですぐ上に行く子もいればそうでない子もいるらしい)、そして下の学年の子は上の学年の子を「お姉さま」と呼ぶらしい。何でしょうかそのときめく感じは。

この日のメンバーは、アリアちゃん、ティオちゃん、アミちゃん、メルちゃん、ソフィアちゃん、シャノちゃん。

 

 

アリアちゃん
店長さんだそう。最上級生で、目印の赤いリボンを付けている。
このお店は元のオーナーが女性で、なのでお手洗いが男女別なんですよ!という、コンカフェ女子には非常にポイント高い情報を教えてくれる。
色々なメイドちゃん、じゃなかった生徒ちゃんに声を掛けていて、仕事出来るな!という感じが端々に出てる。

ティオちゃん
ハキハキした明るいお嬢さん。「お見せしたいものがあるんです!」ってこの世界の事がずらりと書かれたファイルを持って来てくれて、学園の事を色々教えてくれる。
すらすら出てくる、聞いた事もないカタカナ語。圧倒的な知識量すごい・・・。

アミちゃん
ピンクのリボンの、2番目にあたる学年のお嬢さん。おっとりしっかりした雰囲気で可愛い。上級生だからなのか生徒ちゃんたちに声を掛けてる様子がやっぱりお姉さんっぽい。

メルちゃん
最初に対応してくれたお嬢さん。上品で柔らかい物腰で、ホスピタリティ的な要素を感じさせる、接客応対マニアとしてはとても心惹かれるものを持ってる方。

ソフィアちゃん
えくぼの可愛いお嬢さん。
彼女、私のとなりに座ってたお客様に「新しく来た方に向けて、このお店のここがいいよ、っていうところ、何かありませんか?」って話を振ってくれたのよ。すごいよね??
そうやって自然に客同士の話を繋げると言う技術、そんじょそこらのメイドさんが誰でも出来る訳じゃないよ?
本当に心底びっくりしたの。若いのに腕あるね!!!
(でもって隣にいた方がアキバによく行かれるとの話を聞いて、そこに喰い付いてがっつりトークに行ったのはちょっと反省点だよね私の。すいませんガツガツしてて)

シャノちゃん
「ドラゴン族の娘で、人間になりたくてこの学園で学んでるんです!」と明るく仰るお嬢さん。
「どうしてメイドさんになりたかった、じゃなかったここで働こうと思ったの?」と聞いたら「人間になりたかったので」とブレないwww好きww
「それと、人とお話しするのが好きだからです」ってちゃんと後から言ってくれるのも優しいww

という訳で。個性豊かな色々な生徒ちゃん達と話すことが出来て、退屈する暇のない1時間でした。
ちなみに、ドリンクがなくなると、小まめにお代わりを聞いてくれる気遣いも素晴らしかった。

最後の方で、来たからにはチェキ撮らねば!って思った時、やっぱり最初は上級生の方からかしら?ってことでアリアちゃんにお願いする事に。
指で一緒にハートを作った所を、アミちゃんがシャッターを押してくれました。嬉しい!

そしてお会計。
この時、1時間でドリンク2杯(飲みたければもっと)飲んで、デザート食べてチェキ撮って、合計2200円+税だったのよ?
何それ破格。そっか女子だからこの価格なのか。女子優遇ブラボー!

そして帰りがけにも、メルちゃんが「バーバラさん、またいらしてくださいね」と声を掛けてくれたり、シャノちゃんが笑顔で手を振ってくれたり、店内の生徒ちゃんが皆笑顔で挨拶してくれてね!

しかも、出口の所でアカシウスのお見送りをしますね!」って、3人の生徒ちゃんが「今日はご来訪ありがとうございました、ごきげんよう!」って、スカートを手で摘まんでご挨拶してくれるんだよね!
最後まで本当にときめきが止まらなくて、いやもう本当に楽しかったです。

【今日の総括】
店内は、白が基調の可愛らしいカフェっぽい感じで女子(ほんとさっきからおばちゃんが女子女子って言っちゃってすまんけどね)に馴染みやすい内装だったし、何しろ生徒ちゃんが皆可愛くてのびのび楽しくお給仕している感じだし、食べ物もドリンクもおいしいし・・・って、本当に何で今までここに来てなかったのかしら?また絶対来るよなこれは・・・と思わせるだけのお店でした。
いやー良かった良かった。池袋いいなぁ・・・。

メイドカフェ探訪記_夕暮れの湯島で気絶してきた

【2020年8月】
 
お盆まっただ中の土曜日。
NO WAY MANIACSというイベントで、新しい単眼面ちゃんのお披露目がありました。
Twitterでお見かけして、余りの可愛さに直で見たい欲が抑えられず、現地まで。
本当に素晴らしい出来映えでね・・・いやー造形が出来る方って!本当に!すごい!
それはもう感動しました。自宅からはちょっと遠かったけど、行って本当に良かった・・・。

  映像で見てもすごかったけど、実物は本当にすごい・・・。


 
でもって、その帰りに当然の流れでMonsterPartyへ。
この日は、あんこちゃんというニューキャラクターお披露目の日で、お店は大賑わい。

 モケモケしてるあんこちゃん。めっっっちゃ可愛い。

楽しくお喋りしつつも、ひっきりなしにお客様が来るので、席は交代制。
いつもよりやや早めに切り上げました。
 
でもって。モンパはほぼ湯島なので、メイドカフェ 気絶に非常に近いんです。
少し前に、モンパのもなかちゃんが気絶のイベントでゲストお給仕・・・
いやお給仕はしていないな、謎の占い師の格好をして、「湯島の母」として皆のお悩みを聞くという不思議な会をやってたので(笑)一度行ったんだけど。

 見た目はいかにも怪しいですが、とっても親身に相談に乗ってくれる!
 湯島の母の名に偽りなし。

で、今度はイベントじゃない別の日に行ってみたいと思ってたんだよね!
気絶は、いつも混み合っているようで、Twitterではしょっちゅう満席ツイートがされてます。
この日も混んでたようですが、まあ行ってみてダメだったら帰ればいっか・・・って事で足を運んでみることに。
 
湯島の駅に程近い、スナックが入った雑居ビルの一室が気絶です。

 f:id:optimistbarbara:20200829185947j:plain

 ビル1Fに、この看板が出てたら営業中だそうです。

最初に行った時はちょっとね、アキバのコンカフェは心理的に入りづらい感じの所が多いけど、ここはまた別種の行きづらさがあるなと思いましたよ。
一度入ればどうって事ないんですけどもね。

 入りづらいという気持ちを見越してこんなツイートもなさっている。


ということで2回目の気絶。
入ると、前回お会いした休符ちゃんというメイドちゃんが「わあ、お久しぶりです!」と、笑顔で出迎えてくれました。
1回しか会ってないのに!嬉しい!そしてすげーな!
 
コロナ感染予防の為、まず検温。
そして、スタンプを手と手首に押してもらって、それが消えるまで手洗い。
本来はチビッコちゃんがキチンと手洗いできるように販売されてるグッズなんだけど、メイドさんにスタンプ押してもらうのは嬉しいし、手も洗えるし良い事づくめだと思う。
 
テーブルとカウンターどちらが良いですか?と聞かれて、選べなかったので「ご都合の良い方で」とか面倒くさい答え方をしちゃったんだけど「じゃあ寛いでいただいた方が良いと思うので、テーブルへどうぞ!」と案内される。
答え方も対応も完璧!接客応対マニアの心に刺さります。

気絶では、チャージ+ワンドリンクのコースと、飲み放題のコースがあり、それぞれノンアルとアルコールの設定があります。
今回はチャージ+ドリンクのコースをお願いすることに。

 f:id:optimistbarbara:20200829190138j:plain

 ちなみに店内の装飾も独特の雰囲気で大変可愛い。
 アンティークとサブカルの融合みたいな。

 でもって席に着いて早々、知ってるお顔が隣席のグループに。
メイドカフェデータブック」という、コンカフェのデータを網羅した本(めちゃめちゃ愛用してる)を作っておられる、まっきーさんがいらっしゃったのですよ。
ガイドブックを買う時に何度かお話しさせていただいた事があり、うわー偶然!と思って遠慮もなく話し掛けたら、「あ、お久しぶりです!」と笑顔で対応くださって優しいな!

更に、一緒に話してらした方が、カレーが好き→カレー屋巡りが好き→カレーを作るのが好き→気絶でカレーを作って振る舞うイベントをするようになる という、不思議なルートを辿っていらした方。
更に、私のお隣にいらしたお嬢様に「こんにちは、コンカフェとかお好きなんですか?」と聞いたら「私はそれ程でもないんですけど」と仰ってたんですが。
よくよく伺ったら、日本のコンカフェを越えて、台湾のコンカフェにも手を伸ばして、しかもその同人誌まで出していらっしゃるというすげー方でした・・・。ちょっとー!ご謙遜が過ぎませんか・・・。この方のお名前はもえさん

そんなお歴々の皆様と楽しくお話し。いやーこういう出会いがあるとはね!
コンカフェの神様のお引き合わせかしらね!
ちなみに皆さんは待ち合わせてこられたのではなくて、お店に来たら顔なじみがいて楽しく一緒にお話ししていた、というシチュエーションだったらしい。
 
途中、まっきーさんが一度会計を終えて出たのに、また戻ってこられたり(「バーバラさんがいるからー」って仰って。いい人過ぎる)、新たにご帰宅された方も交えて話が弾んだり。
そこにメイドちゃんも良い感じで会話に入って(この加減がすごくお上手なのよね!)楽しく話して、とかしてるとあっという間に過ぎる時間。
 
いや実は、前回のもなかちゃんイベントの時もね、お客様もメイドちゃんも、楽しく色々な人と話せたんですよ。
その時は、イベントだったので、ゲストのもなかちゃんの向かいの席が交代制になっててね。
席を替わる際に他の人と相席になったのです。
でもって私が気安く話掛けがちだから、知らない人とうぇーい楽しいね!って感じでトークが盛り上がったのかと思いきや。
今回もうぇーいって感じでトークが盛り上がったのだったよww
前回たまたまなのかと思ってたら違った!そういうお店だった!
というのが今回の発見でした。
 
そして前回使い損ねたチェキ券で、休符ちゃんとチェキ撮影。
はしゃいでツーショチェキを撮って、可愛く落書きしてもらってご満悦。
ああやっぱりメイドちゃんとのツーショチェキは最高にいいな・・・。
 
そしてお会計の後、皆さんにさよならを言って、お見送りしてくれた休符ちゃんに手を振っておいとま。
いやもうこれは常連さんが多いの分かるね、ずっと居ちゃうよね。と後ろ髪を引かれる思いを抱きつつ、家路を急ぐのでした。
 
【今日の総括】
イベントもモンパも気絶も楽しかった!久しぶりにコミュニケーションを大量摂取してそりゃあもう満足です。モンパのいつメンは勿論、気絶のお客様方もメイドちゃんも優しくて良かった・・・。私はお酒飲まないですが、ソフトドリンクのメニューがちゃんと設定されていて、下戸でも気兼ねなく来られるこういう店はほんとに有り難いです。

メイドカフェ探訪記_アキバなら異世界メイドがお給仕したって問題ないどころか楽しかったよ!

【2020年8月】
さて、前回、ハニハニで心も胃袋も満たされてからの、続きです。

この日の2軒目は、「アキバなら異世界メイドがお給仕したって問題ないよねっという、これは店名なの?という名前のお店。
前回も言った通り、私のメイドカフェ・コンカフェのお師匠さま・肘ちゃんが、プレオープン初日にこちらに行ったそうで
記事を読み、私も行ってみたいよな!ってことで、秋葉原駅に歩みを進めます。

お店の場所は、秋葉原の駅のすぐ近く。
以前は「グランヴァニア」というメイドカフェがあり、その後別のお店が入りましたが、このご時世でごく短期間で閉店してしまった・・・という店舗。
駅からものすごく近くて、とても条件の良い場所なので、どうなるんだろう?と思ってましたが、よもや異世界になるとは。

お店は駅前の建物の2階。
入り口の階段はやや狭いのですが、非常に分かりやすい看板が新設されていました。

 


階段を上っていくと、ガラス張りのドアがあって、そこが異世界の入り口です。
ドアを開けるとにこやかな出迎えがあり、メイドちゃんが席に案内してくれます。
店内は、あちこちに飾り棚が作られていて、そこに異世界っぽい石やら植物やらが並んでます。すごく写真映えする!可愛い!

 f:id:optimistbarbara:20200828171944j:plain

 異世界っぽくて可愛い飾り棚。

メニューを持って来て、案内をしてくれたメイドちゃんはまりめろちゃん
最初に「メニューがこの世界の文字じゃなくて読めないので、おまじないを掛けます!」と目をつぶらされます。
言われるがままに目をつぶり、「いいですよ〜」と言われて目を開けると・・・何ということでしょう、人間じゃない姿に・・・変身させられていました
さすが異世界。予想も付かないことが起こります。

 f:id:optimistbarbara:20200828172146j:plain

 楽しかったのでしばらく変身したまま過ごす。

ところで、メンバーズカードを作る時、まりめろちゃんに名前を聞かれました。
「バーバラで!」と答えたら「バーバラメロ〜」って名前にされたww自由過ぎるww

 f:id:optimistbarbara:20200828172234j:plain
 初めまして、バーバラメロ〜です。


セットメニューも色々あったのですが、何しろハニハニのワッフルでお腹は満たされたので、ちょっと変わった物を・・・と思って「ときめきまじっく♥️クリスタルドリンク」という謎のメニューをオーダーすることに。

しばらくして運ばれて来たティーカップの中身は、きれいな青色!
そこに、メイドちゃんが小瓶の液体を注ぐと・・・あら不思議!色が変わったよ!
というロマンティックな飲み物でした。
「もっと入れても良いけど、入れすぎると酸っぱくなるので気をつけてくださいね!」と注意してくれるメイドちゃん親切!
変化が華やかで楽しいし、味もレモネードのようで爽やかで美味しいので、特にお嬢様にはすごくお勧めだと思う!

 f:id:optimistbarbara:20200828172335j:plain

 色の変化は是非お店でご覧ください。実験みたいで楽しい!

そして、お給仕の合間を縫って、ちょこちょこ話し掛けてくれるメイドちゃん達。
店内は結構埋まっているのに、放置されないのが嬉しいです。

お話ししながら見せてもらったんだけど、こちらの制服、すごく凝ってて可愛い!
ベストとブラウスとエプロンとスカート・・・?なんだけど、ぱっと見でどういう構造になってるか分からない!(それを、くるっと振り返ったり袖を引っ張ったりして、一生懸命説明してくれるメイドちゃん達。優しい・・・)
フレアスカートの布の分量が多くてときめくのよね!(これはメイド服好きに響く話)
そして、背中の所に羽のようなフリルがあるのが珍しいし素敵!
ところで、こちらの制服は、スカート丈が短いのと長いのとあって、どちらが良いか最初に選ぶそうです。「どっちにしようか、すごく迷いました」とメイドちゃん達。

大人しやかな黒髪でお嬢様っぽいのに、実は元スポーツ少女だというじゅのちゃんは、長い丈の方。しとやかで上品な雰囲気。
スカートの後ろ側が少し長くなってて、ひらひらしてて可愛い。
落ち着きがあって、メイド歴長いのかしら・・・と思いきや実は初めてといううたちゃんは短い丈。
こちらはアイドルっぽい可愛らしい感じ。すらりとしたお御足で、とても良くお似合いでした。

途中、ライブメニューをオーダーしたご主人様がいらして、まりめろちゃんのライブも見る事が出来ました。
ダンスの途中、オーダーしたご主人様の席まで行ったり、フロアのメイドちゃん達がステージ前で盛り上げたり。普段ライブメニューのあるお店に余り行かないので、新鮮な気持ちでしたわ。

そして、ちょこちょこメイドちゃんとお話ししたり、ゆったりドリンクを飲んだり・・・としてたら、かぷちゃんというメイドちゃんが「お嬢様、そろそろお戻りになるお時間なんですよ〜」と、1時間が過ぎる前にお知らせに来てくれました。
時間は自己管理というお店が多い中、こういう風に来てくれるのはすごく安心!

折角来たのでチェキを撮りたいな、と思ってたので、「私もメイドカフェ行きます!いいですよねぇ、別世界って感じで!」と話してくれて、シンパシーを感じたかぷちゃんに「帰る前にチェキお願いして良い?」と頼む事に。

チェキは、ライブも行われるステージで撮ります。指でハートを作って、きゅるるん♪という可愛いポーズで撮影!
しばらくしたら、うさぎちゃんの絵の落書きをして持って来てくれました。か、可愛い・・・(涙)

そしてお会計。
テーブル会計なので、お金を渡して待ってたら、「おまたせしました!」とお釣りとレシートを持って来てくれたメイドちゃん。
彼女が、私のコンカフェ道のお師匠様、肘ちゃんが激推ししている「むぎちゃん」でした。

「むぎちゃん?肘ちゃんの推しの!!わぁ〜会えたー!」とテンション上がる私。
「わー、こんにちは!なかよくしてほしー!」と笑顔で両手を広げるむぎちゃん。
うわー!最初からトップギアで、私のハイテンションと併走してくれる感じ(笑)好きー!
折角なので「チェキ撮れる?」と聞いたら「大丈夫!でもお時間は平気?」と逆にこっちを気遣ってくれるって、なにこれ優しいんだけども!
大丈夫、是非!と言ったら「じゃあチェキだけのお手紙(=伝票)作ってくるね!」と、お会計の手はずを整えてくれて。
でもってステージで「バーバラさぁん!チェキ撮ろー!!」って、両手でおいでおいでしてくれてるんだよね。
もうここで「そりゃアンタ百戦錬磨の肘ちゃんも推すわ」って思いました。

そして、グーにした両手を合わせて顎の下に添えた「むぎちゃんポーズ」でチェキを撮り、落書きしてもらって大満足です。
渡される時の「家宝にしてね!仏壇に飾って!ハッピーになるよ!」というセリフまで最高じゃない?
そしてお見送りも「またねー!」と大きく手を振ってむぎちゃんが送り出してくれてね・・・良い子じゃね・・・。

私くらいの年だと、メイドちゃんからしたらお母さん世代。
なので、殆どのメイドちゃんは皆気を遣って、敬語でちゃんと話してくれるのですよ。
そういった気遣いは嬉しいなあと思うし、こちらも娘の友達と話してるような感覚で楽しいんです。
でも、むぎちゃんの、いきなり10年来の知り合いかな?って位の、一歩踏み込んだ感じで話し掛けてくれるという対応はそりゃもうインパクトがあったし、なんだかワクワクしたのよ・・・。
しかしこれは接客にスキルや相応の経験がないと出来ないと思うの。素人が真似したら怪我するやつ!
更に、そういう「良い意味で馴れ馴れしくて楽しい」対応をしつつ、端々で気遣いも出来ていらして。
その絶妙なバランス感覚がすごい。
お会計→チェキ→お見送り の短い間だったけど、接客応対マニアの心にがっつり刺さるメイドちゃんでしたわ。
お師匠さまの推しだけのことはある。

という訳で。私の初めての異世界への転生は、こうして終わったのでした。
いや〜メイドちゃんは皆良い子だったし、萌えポイントな仕掛けがあちこちにあるし、メイドカフェらしいメイドカフェ、という感じで楽しかった!
(どうやら某「にゃんにゃん言わされる」メイドカフェの系列のようで)システムや対応は安定していて、これならメイドカフェ初心者でも安心だなぁと思った次第。
余談ですが、お手洗いも男女別で清潔だったので、そのあたりもお嬢様にとってはポイント高いと思います。
近々グランドオープンを迎えるとのこと、これからどうなっていくのかしら?楽しみです。

メイドカフェ探訪記_HoneyHoneyの夏イベント、マリンウィークへ

【2020年8月】
社会が例年通りに動いてない今年ですが。
次女の学校が新学期になりました。
それはどういうことかというと。
お母さんの自由時間が増えることを意味するのです。


さて、仕事が休みの今日この日。
本当は朝美容院に行って、その後はのんびり家で過ごすつもりだったんだけど。
HoneyHoneyが、マリンウィークと称して、マリンセーラーのワンピースでお給仕するというイベントをやってるんだよね!
更に、私のコンカフェ道のお師匠・肘ちゃんが、プレオープン当日から「アキバなら異世界メイドがお給仕したって問題ないよねっ 」という不思議な名前のお店に行ったという話を聞いたので。
そしたら行ってみたいじゃない!
と思いついたらもう止められません。

ってことで、髪を切って、スーパーを回って買い物して、夕飯の下ごしらえをして、近所でたまたま会ったママ友と30分くらい立ち話をキメた後。
電車に乗って秋葉原へ急ぎます。

まずはハニハニ。先月の誕生日以来です。
いつものドアを開けると、おかえりなさいませー!と明るい声の出迎えが。
いつも変わらないにこやかな出迎えに、毎回ここでホッとします。
そうそう、入店したら最初にカウンターに設置のアルコールで手を消毒します(この感じも慣れてきた)。

この日のメンバーはあいりちゃん、ともよちゃん、つくしちゃん。
白のセーラーカラーのワンピースに、マリンベレーのコスチューム。夏らしい!可愛い!
これが普段の制服でもいいのでは・・・と思ってしまうくらい可愛い。

マリンセーラー姿のあいりちゃんのツイート。美し可愛い・・・

更に、イベント特別メニューとして、シーフードカレーとかパンナコッタとか色々あったんですけど。
やっぱりハニハニに来たら食べたいぜ、ワッフルが・・・(またかよ)
ということでチョコミントワッフルをオーダー。
そして夏メニューにあったルピシアフレーバーティーも頼む。これポットティーなの!お得!わーい!
ハニハニ夏メニュー。どれもこれもおいしそうでね・・・(でもついワッフル食べちゃう)

ちなみにこの日の店内はお嬢様が多めでした。
お嬢様達がメイドちゃんと楽しそうに話してるのは、微笑ましくてちょっと嬉しくなる光景。

しばらくしたら紅茶とチョコミントワッフルが運ばれて来ました。
ともよちゃんが「お砂糖入れますか?」って聞いてくれたので、スプーン1杯入れてもらいます。
普段はストレートで飲むけどね!
メイドちゃんが入れてくれるお砂糖はほら、特別だから。
でもってやっぱりルピシア、華やかでものすごく良い香りの紅茶でした。優雅な気分・・・

そしてワッフル。
前回も食べたよチョコミントワッフル。
でも何回食べてもおいしいよ!
ワッフルを一口大にナイフで切ってね、チョコミントアイスとたっぷりの生クリームと一緒に食べるとね・・・最高です・・・。
ワッフルはどの味も好きなんだけど、チョコミントは格別うまい・・・夏メニューと言わず通年にしてくんないかな・・・。

 f:id:optimistbarbara:20200827235210j:plain

 ねぇねぇこの組み合わせちょっと素敵すぎません?今年の夏メニュー最強だわ・・・


その後、つくしちゃんがお皿を下げに来てくれて、その時に彼女もチョコミント好きだと分かって、一通りチョコミント話が弾む。
どこのコンビニのこれがおいしいよね!とかとか。楽しい〜。

しばらく滞在を楽しんで、さて次もあるのでそろそろおいとま。
お見送りはあいりちゃん。相変わらず気遣いの人で、「今日会えて良かった〜」とか言ってくれるんだよね・・・好き・・・。
階段の所で手を振って見送ってくれて、会えた喜びが本当に心にしみました・・・。

ということで。可愛さと美味しさで満たされ、満足の気持ちでハニハニを後に。
さて異世界にワープしようかな!
ってことで、長くなったので記事を分けます。

メイドカフェ探訪記_池袋メーァに初訪問してみたよ編

【2020年8月】
基本職場と家の往復で、どっかお出かけ!というと秋葉原しか行かなくなっちゃった主婦です。
しかし。8月某日、池袋に行くご用が出来ました。
さて、池袋と言えば、アキバに並ぶコンカフェの聖地よ!
池袋でコンカフェに行かないとか!ないよ!
と思って。
とは言え、どこのお店に行けば良いかもさっぱり分からない。

そう言えば、前に湯島の「気絶」に行った時の事。
メイドの休符ちゃんがコンカフェ好きというので「どこが好き?」と聞いたら、「池袋に、メーァってお店があるんですけど」と仰る。
「店長さんが女性で、お店の運営をしながらお給仕もするプレイングマネージャーで、そこが良いんですよ!」と力説してらしたの。
じゃあ行って見ようじゃないですか、メーァ。

 

  ↑ちなみに休符ちゃんはこの方。すごく良い子。気絶に行った時のことも今度書きます。


と思って調べたんだけどさ。
ストリートビューで見たら、ビルがね。
思いっきり飲み屋。スナックとかクラブとかの集合してる感じの建物なのよね。
実際、店名からメイドバーって謳ってるしね。大丈夫かしら。
ソフドリしか飲めない中年女性なんですけど。

でも、行ってみたいなーと思ったからには行かないとなので。
(ここで行かないって選択肢は私にはない。)
ってことで当日。現地まで足を運ぶも、ドキドキです。
事前にある程度分かってはいたものの、入り口は、飲酒の習慣のない中年女子には入りづらいことこの上ない。
会社帰りのサラリーマンが同僚と飲みに来る(それも2軒目以降)って感じのビル。
ビルの表玄関から既に味がありすぎる。
(※以上全て個人の感想です)

 f:id:optimistbarbara:20200824014338j:plain

 ビルの入り口に各階のフロアガイドがある親切設計。

でもねそんなの。コンカフェが入りづらいなんて。
今に始まったことじゃないじゃないか。

そう自分に言い聞かせて、ずらりと並ぶ飲み屋さんの看板の中にメーァを見つけて、心を定めて足を踏み入れます。


フロアは2階。エレベータを降りると、これまた昭和の感じたっぷりの風情。
心細い気持ちで、気合いを入れて扉を開けると「お帰りなさいませ〜」と明るい声がして、ここでやっと一安心。

店内はほぼ満席で、テーブル席が1席だけ空いていた模様。ラッキー。
最初に、発熱や体調不良の有無、感染を疑われるような場所への立ち寄りがなかったか等聞かれて、その後手に消毒液を掛けてもらいます。
席への案内後、お店のシステム(60分飲み放題制)や注意事項の説明を一通り。

店内は、カウンターが6席程度?テーブル席が本来は詰めれば7人か8人は座れるのだろうけど、間を空けて3人しか座れないようになってました。
更に、テーブル席の所には透明のアクリル板が吊られていて、会話の時にはそこを隔てて。
そしてメイドちゃん達は、皆透明のプラスチック製マスクを付けてます。
感染対策、色々気を遣ってますね。
ちなみに私が行ってからほぼずっと満席状態で、その後来訪した人には、席が空いたら連絡というやり方をしてました。

ドリンクは、さっきまで冷房の効いた場所にいてちょっと寒かったので、温かい緑茶をオーダー。
運ばれて来た緑茶を飲んでいたら、めめちゃんというメイドちゃんが「初めまして」と挨拶に来てくれたよ!
こちらのお店のメイド服がとても可愛らしいので、その話をする。
「これはお嬢様なら分かってもらえると思うんですけど、全円なんです!スカートが!」と熱心に語るめめちゃん。
「いいよねー全円!」とテンション高く賛同する私。
そんなこんなで楽しく構ってもらう。

  可愛い動画の乗ったツイートが見つかったので貼っちゃう。
 全円のロングメイド服やっぱりいいな!それに喜ぶメイドちゃん達がまた可愛い・・・



その次に、男装のなつめ君という方が来られる。まあああこれがまたイケメンさんでね!
でもすごく気さくで、笑顔が親しみやすくて、お話しが楽しい!
いいね男装さん!ドキドキするね!

そして今度は、休符ちゃんからお名前を伺ってた、店長さんのゆいまるちゃんが来てくれて。
コンカフェ話を楽しくさせていただきましたよ。
やっぱりメイドカフェの話はメイドちゃんに聞くのが正しいし楽しい!
ところでこのゆいまるちゃん、お客様の動向にさり気なく気を配っていて、メイドちゃん達に的確に、でも穏やかに指示を出しておられました。
有能なお仕事振りが感ぜられて素敵。

そしてその後しおちゃんという、黒髪ボブが可愛らしいお嬢さんがいらして、最初に案内してくれたエマちゃんというお人形さんっぽい美少女も来てくださって。
更にその後、みえるちゃんという黒髪ロングの美人さんもお越しになって(彼女とゆいまるちゃんは、私のバーバラというハンドルネームの由来をご存じでびっくりしたよ・・・。お若いのに・・・)

 

 全員ではないですがこの時お話し出来たメイドちゃんと男装さんが複数写ってたツイート。
 ロングメイド姿尊い・・・男装さん格好いい・・・



とまあこんな感じで。
何が驚いたって、その場にいたメイドちゃん男装さん、全員と話が出来たんだよね。
私、メイドカフェやコンカフェで、全員と話せた事なんて初めてだよ・・・。
最初の来店だからという事で気を遣ってくださったのでしょうけども、それにしても楽しかった。
そして皆さんも、楽しそうにお給仕してたのが本当に印象的。

最初1時間滞在するつもりだったけど、気付いたら2時間居ちゃったもんね。竜宮城か。
そして嬉しかったのは、「どうですか?楽しく過ごせてますか?」って色々なメイドちゃんから聞かれた所。
そういう気遣い素敵ね・・・。

でもって、そろそろお時間かな、という頃合い。
折角来たしチェキ撮りたいよ!でも誰に??って思ったんだけど。
やっぱりここは店長さんのゆいまるちゃんと行っときたいな!っていう。
ツーショでときめきながらチェキを撮り、そして席の所で落書き(お洒落で可愛い!)してもらって。

でもってお会計をして、おいとま。
乾ききらないチェキは手に持って参りますwww
お店を出たら、メイドちゃん達と男装さんが、全員外に出てお見送りしてくれるんだよね!
本当に全員が外に出て手を振ってくれるので、何これ超豪華なんですけど!
余りにもその景色が面白すぎて、笑いながらビルを出る。
という訳で。池袋の地を堪能して、帰宅の途に就いたのでした。

 f:id:optimistbarbara:20200824014735j:plain

 帰りがけ良く見たら、こんなコンカフェっぽい看板もあったのでした。
 気合い入りすぎて気付いてなかった。


【今日の総括】
お店はこぢんまりしてますが、メイドさん達が朗らかで、すごくアットホームでほのぼのした感じ。
そして皆さん、お話しのタイミングとか間とかがすごくお上手だなあと。
メイドバーという事なのですが、ソフドリしか飲んでなくても充分楽しかったです。
会話が楽しめるお店っていいよね!

メイドカフェでバースデー!!!2020

【2020年7月】
ここ数年毎年やっていて、既に恒例行事となりつつあるメイドカフェでバースデー」
去年は、「一人でメイドカフェでのバースデー」を経験して、もう何も怖れるものはない!という境地にもなりました。

でもって今年もやって来るよ、私の誕生日。
この日に合わせてパートの日程も調整しています。
気合い充分、抜かりはありません。

そして迎えた当日。
学校が休校になっている長女に、「一緒に行こうよ」と誘ったんですが、「いや私はいいや、この後出掛けるし」と連れない返事。
「別に私がいなくて、一人でも困らないんでしょ?」と見透かしたように言われる。
まあ・・・確かに言う通りなんだけど。
ていうか、一人じゃないよ!メイドちゃん達がいるからね!!
そんな訳で。一人身支度をしてアキバに向かう次第。

行く先は勿論、私のホーム、秋葉原HoneyHoney
メイドのしらゆきちゃんも私と同じ誕生日で、バースデーイベント中。
なのでここ数年来、しらゆきちゃんとお互いに「おめでとう」を言い合う誕生日を迎えているのです。
素敵すぎませんか?

ハニハニに向かうと、入り口では数人の方が既に待ってらっしゃる。
やっぱりしらゆきちゃんのお祝いをしたいよね、皆さん。わかりますとも。
そしてしばらく待っていると、店内に呼ばれます。

出迎えてくれたのは麗子ちゃん。久しぶり!!マスク越しでも美しい!
まずは入り口で手をアルコール消毒。
そして席に向かう途中、しらゆきちゃんがいらしたので、「あああしらゆきちゃん!おめでとう!」「わぁーお誕生日おめでとうございます!」とお互いに祝い合う。来て良かった〜。

窓際の席に案内されて、オーダーするのはチョコミントワッフル!
Twitterで告知されてた夏メニューで、食べてみたかったんだよねーーー!
一緒にアイスティーもオーダー。

 f:id:optimistbarbara:20200724014257j:plain
 窓が開けられていて、換気もしっかりと。

しばらくすると、つくしちゃんが「おまたせしました〜」と笑顔でアイスティーをもってテーブルに来てくれて。
ガムシロを入れてもらって嬉しい。
いつもは紅茶はストレートだけど、ここに来るとついガムシロ入れてもらっちゃう。

そして、前に買っておいた特典券(ハニハニは、イベントで発売される特典券か、満了ポイントカードがないとチェキが撮れないシステムなので)を渡して、今日の主役・しらゆきちゃんとチェキ撮影をお願い。

しばらくしてから呼ばれて、小道具としてしらゆきちゃんが用意したインスタ風フレーム(可愛い!)を二人で持ってチェキを撮影。幸せ・・・。
感染予防策もしっかり取られていて、透明ビニールのパーテーション越しに並んでの撮影でした。
シャッターを押してくれたのはみなみちゃん。さすがの明るくてきぱきとしたお仕事ぶり。

その後、席でしばらく待ってたら、店内のBGMが止まって、流れ出す「happybirthday」の曲!
そして、バースデーケーキの形をした帽子(私が被る為w)と、タンバリン(歌の時にメイドちゃんが叩く)、そしてバースデー仕様にデコレーションされたワッフルを持って、メイドちゃん達が皆で席に来てくれましたわよ!

バースデー帽を渡されて、はいはい♪と嬉しげに被る私。(去年もおととしもやったので、段取りもスムーズ)
浮かれた私に、しらゆきちゃんが「お誕生日おめでとうございます、今年も一緒に誕生日お祝いできて嬉しいです」とメッセージを言ってくれて「それではメイド達からお歌のプレゼントをしたいと思います。店内のご主人様お嬢様、手拍子のご協力をお願いします」と言って、happybirthdayの歌が始まったんだけど。
それがさ、満席の店内のご主人様達全員が、手拍子をしてくれてね!
中には掛け声まで入れてくれる人もいてね!
なんて優しい世界なんだ・・・本当に泣けるわよ・・・

この時は席が端っこだったので、店内が見渡せたのですが、本当に一人ももれなく皆さん手拍子してくれてたからね。
優しいなぁもー!
(彼ら全員しらゆきちゃんのお祝いに来てるんだろうけどね、それでもこうやって通りすがりのおばちゃんもお祝いしてくれる。なんていい人達なんでしょう・・・涙)
ワッフルのデコレーションも可愛らしくって!今年も!
喜びがじわじわと湧いてきます。

 f:id:optimistbarbara:20200724014420j:plain
 ちょっと見てよーこの可愛さ!嬉しすぎる!(名前はガチ本名なので隠してますww)


スマホカメラでその可愛さを一通り収めたところで、勿体ないけど早速いただきます。
チョコミントアイス溶けちゃうしね!
久しぶりのハニハニのワッフル!(前回来た時はまだワッフルは再開してなかったから・・・)
ワッフルに、たっぷり掛かったチョコレートが既においしそう。
ナイフを入れただけで分かるさっくり感。はああ〜これこれ!これだわよ!
ワッフルと、チョコミントアイスと、誕生日仕様でたっぷり添えられた生クリームを一緒にして、一口に。
あああああおいしいいいいいい!!
チョコミントとワッフル、それにチョコレートソースと生クリームの組み合わせは大正義!!最高だな!!!
いや本当に、ハニハニのワッフルは相変わらず最高においしいな!!

一人で感動しながら手が止まらない。
あっという間に食べてしまい、アイスティーを飲みながら心を静めます。
あああ本当に来て良かったなあ・・・。

ちなみにこの日はお嬢様多めでした。
やっぱりしらゆきちゃんは男女問わずファンが多いわね・・・だろうなと思うよね。
可愛くて気遣いがあってお話上手で、そりゃみんな好きになっちゃうよねぇ。

食べ終えて寛いでいたら、案内されてきて隣に座ったご主人様が、私の食べ終わったお皿に「happybirthday」の文字がまだ残っているのを見て「誕生日だったんですね、おめでとうございます」って!言ってくださったの!
優しさしかないなハニハニワールド!

 f:id:optimistbarbara:20200724014641j:plain
 伝票にもメッセージが書いてあって優しい(嬉泣)


そしてその後にお会計、お見送りは麗子ちゃん。
しらゆきちゃんに「ありがとねー!」とハイテンションでお礼を言って、カウンターにいたともよちゃんも見送りに来てくれたので「わああ久しぶり!又フロアでゆっくりお話しさせてね!」と挨拶。
麗子ちゃんが「ありがとうございました!またねー!」と階段ギリギリの所で見送ってくれて、嬉しい気持ちで階段を降りて退出。
あああやっぱりハニハニ最高だわ・・・ほんと好き・・・。

そして、まだ時間があったので、どうしようかなと思ったんだけど。
やっぱりここは誕生日当日で行っときたいな、ってことで、私の心のふるさと・MonsterPartyへ。
「あっバーバラさーん」とゆるく迎えてくれたオーナーのもなかちゃん。
ドリンクをいただきながら、他のお客様も交えてまったりトークタイム。
安心感しかない、やっぱりここは実家だな・・・。

MonsterPartyも誕生日特典があって、誕生日当日、あるいは前後1日に来店すると、バースデーチェキを撮ってもらえます。
ものすごくコンカフェらしい、お手本のようなお絵かきをしてもらって、素敵な誕生日の記念になったよ・・・嬉しい・・・。

 f:id:optimistbarbara:20200724014825j:plain
 お手本の様な可愛らしい落書きのバースデーチェキ。嬉しい!!

 f:id:optimistbarbara:20200724020242j:plain
 もなかちゃんが、色ペンを駆使してその場で描いてくれる。


居心地が良すぎてついつい長居してしまって、ああそろそろ帰って主婦をやらねば、ってことでおいとま。

いやー良い日だったなぁ・・・
という訳で、今年も充足した誕生日を過ごすことが出来たのでしたよ。
やっぱりいいな、メイドカフェバースデー!!!

【今日の総括】

何度やってもメイドカフェバースデーは最高としか思えない。
今年は自粛の気持ちになっていて、行った店も少なかったのですが、来年はもっと沢山のお店に行ってみたいなーと。(今から意欲満々です)

シャッツキステ 「屋根裏の開放と回想」へ 4.いつも心にシャッツキステを

屋根裏訪問の話。長くなりましたがこの項で終わりです。
(前の話はこちら

さて、室内のあちこちには、シャッツキステをテーマにした同人誌や、思い出のアルバム、訪問した方々が記した思い出ノートなど、貴重な資料が沢山が置かれていました。
皆さんでページをめくりながら、この世界に浸ります。

 f:id:optimistbarbara:20200717224930j:plain
 アルバムの表紙には、こんな可愛らしい刺繍が。

ところで、この屋根裏にある家具や調度品は全て、あの狭い暗い階段を、メイドさん達で運んできたそうです。
大きいカップボードが置かれていましたが、それも上半分と下半分に分けて運んだとか。
そして、屋根裏も、今営業している図書館も、壁や床など含めた内装は、全てメイドさん達が手掛けたそうです。

 f:id:optimistbarbara:20200717222604j:plain f:id:optimistbarbara:20200717224245j:plain
 塗り跡に温かみのある壁や梁と、擦れた感じの可愛らしいベランダへの階段。

シャッツキステには、大きい電動のこぎりもあるんです」
「作業の時にはつなぎを着て、大きい荷物とか運んで」
「後輩のメイドが、メイドになって『こんなはずじゃなかった』と思ってなければ良いんですけど」
と楽しそうに語るアオイさん。

ゆったりとした時間が流れ、図書館のお店と同じく、丁度良いタイミングで注がれる紅茶。
一緒にいただくクッキーも、ものすごくおいしい。

それからお菓子の話になり。
「スコーンを作っても、シャッツキステのあのオーブンで焼かないと、やっぱり違う物になる気がするんです」
と柔らかい口調でお話しなさるシズクさん。

他にも、
「お店がなくなっても、”シャッツキステ”という存在が無くなるわけではないので・・・」
「ここはメイドがいますけれども、お客様は旅人さまという位置付けで、ご主人様とメイドという上下関係ではなく、フラットな関係なのが、余り他にはないかも知れないですね」
「萌え系のコミュニケーションがあるメイドカフェ、クラシック系のお給仕に徹したメイドカフェがあって、シャッツキステはそのどちらでもない第3の存在と言われます」
などなど、メイドさんお二人が話してくれました。

二人のお話し振りは、優しく穏やかで、でも明るく楽しくて。
皆が寛げる、和気藹々とした空気がそこにありました。

ああもうね。これなんだよなー。
シャッツは何もかも素晴らしいけれども、やっぱり、メイドさん達が何より素晴らしいと、私は思うよ。

そして勿論この内装、インテリア、紅茶の味、クッキーの味。どれも最高に素晴らしい。大好きです。
お目に掛かったことはないけれども、エリスさんという方のお持ちでらっしゃる、精神性というか、信念のようなものが、存在する物全て、細部至るまですっかり行き渡っていて。
そしてそこに、共感を越えて、共鳴しているメイドさん達が命を吹き込んでいる・・・というのが、他では味わえないシャッツキステという空間」なのだろうな・・・。
そんな事を思ったのでしたよ。

 f:id:optimistbarbara:20200717230526j:plain


見る物聞く事全てに、しみじみと感動して、思い入れを伺ったり語ったり。
そんな夢の様な時間があっという間に過ぎ去って。
気付けば、1時間半という時間が過ぎようとしていました。

ああもう、濃かった。
あっという間なんだけど、ゆったりしていた、不思議な時間でした。

お会計となり、シャッツキステのポイントカードにもポイントを付けていただいたんですけど。
戻ってきたポイントカードに、シズクさんのメッセージが書かれていてね。
そこには、「いつも心にシャッツキステを」ってあったんです。
それを見た瞬間泣きました。(これ書きながら又泣いてる)

こんなに人々の思いが詰まった、温かい空間にお招きをいただいたことは一生の思い出です。
私は今日ここに来たことで、来る前の自分とは違う自分になったような気がしています。大げさだけど。
良い経験をさせていただきました。ありがとうございました。

 f:id:optimistbarbara:20200717224320j:plain
 またいつか、その鍵が使われる時が来るまで。